コンセプト






立ち上げ当初から
「家具を提案する」
「雑貨を提案する」
ではなく、空間を提案できるメーカーに
なれればと考えております。
小さなお店をつくる感覚を持ち続ける
メーカーでありたいと心がけています。


テイストは
「パリのアパートメントの一室」
をイメージし、国籍や人種、色味、素材に偏った
固定観念を持つことなく、
ミックス・コーディネイトできることを
常に考えています。
気に入ったものを集めいていく、
コレクターの様な空間が出来ればと思っています。


例えば明るい色と暗い色、
鉄と木、木と生地、
古いものと新しいもの、
女性的なものと男性的なもの等、
異なるものの組み合わせで
どこか心地よい空間をつくり、
ひとつの新しいスタイルとして
お客様に少しの喜びを感じて頂けたらと
願っています。



インテリアブランドa.depecheが持つ、
もう片方のポケットにあるようなシリーズです。


仕上げ、加工、編集、感覚、テイスト、相違


デザインはもちろんですが、
その側面も楽しんでみてください。


人はみんなそれぞれ、
たくさんの気分や感覚、
感性を持っている。
喜びや楽しみ、
時には縛りや悩み、
色々と感情が生まれる。


人は自分の好みの感覚で服を選び、
日常をすごしている。
好みは時に制限を感じたり、
少しの縛りをもたらす。
自ら、その縛りをふりはらえた時、
楽になれる感じがする。


ときにはルームウェアに、
時には買い物に、
時には食事に、
時にはそのままねむりについたり、、、。


気軽にしばりをときはなってくれる
カジュアルでモードなウェアブランドです。